« 12月15日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 12月15日の「環境」関連記事 »

2006年12月17日 (日)

12月15日の「環境/エネルギー」関連記事

 ◇バイオマス
検証・時の話題 サトウキビを核に磐石な農業基盤をつくる(農業協同組合新聞)

イネ資源のバイオエネルギーで地域貢献 -JA全農(農業協同組合新聞)


 ◇新エネルギー
和歌山に風力発電所 大阪ガスと双日が共同で設置へ(朝日新聞)

大阪ガスと双日 和歌山で風力発電、1000キロワット16基建設(FujiSankei Business i.)


 ◇省エネルギー
新日本石油精製など3社、岡山・水島コンビナートで省エネ事業(日刊工業)

旭化成ケミカルズなど、石油残渣利用した省エネ事業がNEDO支援事業に(日経BP)


 ◇自動車
燃費の2割向上求める  国交省など新基準案を策定(東京新聞)

新燃費基準:15年度までに3割改善、メーカーに義務づけ(毎日新聞)

中国の自動車産業は過小評価されていた 米GM副社長(人民網日本語版)

いすゞ、北米に工場を検討(US Front Line)

第2回 省エネと効率の違い1(日経BP)

第2回 省エネと効率の違い2(日経BP)

第2回 省エネと効率の違い3(日経BP)


 ◇農林水産業
家畜品種20%、絶滅の恐れ グローバル化で国連が警告(共同通信)

|

« 12月15日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 12月15日の「環境」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月15日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 12月15日の「環境」関連記事 »