« 12月11日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 12月11日の「環境」関連記事 »

2006年12月12日 (火)

12月11日の「環境/エネルギー」関連記事

 ◇バイオマス
エタノール、発電用も対日輸出・ブラジル国営石油、三井物産と組む(日経新聞)

ナマズ脂肪からバイオ燃料 越のメコン川流域で実用化(産経新聞)


 ◇新エネルギー
横浜市の風力発電事業の協賛企業にキリンビールなど15社(ヨコハマ経済新聞)

風力発電:「希少鳥類に適切対応を」 日本野鳥の会、根室支庁に要望書 /北海道(毎日新聞)

強風吹くのに…運転停止半年 天草・通詞島1号機(西日本新聞)

「ノートPC用バッテリはリチウムポリマーに」--米ソニー社長が予測(CNET)


 ◇住宅(オール電化vsガスも)
ガス各社、ガスエンジンと太陽光のダブル発電を普及へ[12月7日付・日刊工業新聞](エコロジーシンフォニー)


 ◇自動車
日産が環境技術で巻き返しへ、トヨタ・ホンダを追走(ロイター)

日産、2010年代の早い時期に新型燃料電池車を投入(ロイター)

日産COO「2010年度に独自ハイブリッド車」(日経新聞)

日産、環境技術に本腰 独自ハイブリッド車日米投入(朝日新聞)

日産:環境戦略発表 独自のハイブリッド車発売など柱(毎日新聞)

第1回 ディーゼル乗用車は日本で売れるか? 壊滅した市場を動かす4つの胎動1(日経エコロジー)

第1回 ディーゼル乗用車は日本で売れるか? 壊滅した市場を動かす4つの胎動2(日経エコロジー)

第1回 ディーゼル乗用車は日本で売れるか? 壊滅した市場を動かす4つの胎動3(日経エコロジー)

第1回 ディーゼル乗用車は日本で売れるか? 壊滅した市場を動かす4つの胎動4(日経エコロジー)

第1回 ディーゼル乗用車は日本で売れるか? 壊滅した市場を動かす4つの胎動5(日経エコロジー)

第1回 ディーゼル乗用車は日本で売れるか? 壊滅した市場を動かす4つの胎動6(日経エコロジー)

中国自動車産業、WTO加盟時の合意事項を達成(人民網日本語版)

ハイブリッド車、取得税優遇を2年延長…自民税調方針(読売新聞)

GM会長会見、スズキ・いすゞと提携維持(日経新聞)

不振フォード、好調マツダに学ぶ 10年前と立場逆転(朝日新聞)

三菱ふそう ハブ破損、想定外の続発 交換基準見直しも(朝日新聞)

ホンダ小型機の受注好調 100機突破、増産も検討へ(共同通信)

【中国】【マンデーワイド】16万台輸出の舞台裏、「中華」欧州市場へ(NNA)

中国自動車メーカー、イランへ8000台輸出へ(中国情報局)


 ◇農林水産業
温暖化対策:森林のCO2吸収効果を独自認証 県と協定した企業に証書 /高知(毎日新聞)

合板工場が進出計画 バイオマスタウン構想の宮城・川崎町(河北新報)

マルハとニチロ、経営統合を発表・売上高1兆円めざす(日経新聞)

|

« 12月11日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 12月11日の「環境」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月11日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 12月11日の「環境」関連記事 »