« 11月15日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 11月16日の「その他」記事 »

2006年11月16日 (木)

11月15日の「環境」関連記事

 ◇環境全般
騒音抑えた「沈黙の旅客機」2030年までに開発(読売新聞)

害虫駆除:静電気法を開発 農薬削減にも 近畿大グループ(毎日新聞)


 ◇環境汚染事件
高松・工場跡地有害物質検出:汚染土壌の浄化完了 /香川(毎日新聞)


 ◇環境(ごみ・リサイクル)
関東: 小笠原諸島、世界自然遺産登録へ地域連絡会議発足(日経新聞)


 ◇環境(自然)
06年はパンダの繁殖ラッシュ、新記録31頭(人民網日本語版)


 ◇気候変動・地球温暖化対策
CO2削減企業に減税措置 自民党が環境税案(共同通信)

温暖化、世界の鳥類に打撃 7割以上が絶滅する地域も(東京新聞)

<地球温暖化>鳥類絶滅の恐れ WWFがナイロビで試算公表(毎日新聞)

若林環境相、温暖化防止のナイロビ会議で米中などと2国間会談へ(日刊工業)

途上国支援「適応基金」草案に合意…京都議定書会議(読売新聞)

途上国支援基金で大筋合意=08年にも運用開始へ-京都議定書会合(時事通信)

中国は気候変動問題を重視 政策・措置を実行中(人民網日本語版)

温室効果ガス:削減目標困難で合同会議 中環審と産構審(毎日新聞)


 ◇京都メカニズム
【フィリピン】JFEスチール温暖化対策、経産省承認[資源](NNA)

|

« 11月15日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 11月16日の「その他」記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月15日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 11月16日の「その他」記事 »