« 8月8日の「その他」記事 | トップページ | 8月8日の「環境/エネルギー」関連記事 »

2006年8月 9日 (水)

8月8日の「エネルギー」関連記事

 ◇エネルギー全般
再送:米アラスカ州油田閉鎖、供給不足回避に向け適切な対応をとる=OPEC(ロイター)

BP操業停止による供給不足、サウジ他加盟国で補うことが可能=OPEC筋(ロイター)

英BPの米最大油田 油送管腐食で操業一時停止 長期化なら相場高騰(FujiSankei Business i.)


 ◇エネ関連業界
石油資源開発の通期経常益予想は前年比‐20.1%の249億円、修正せず=市場予測267億円(ロイター)


 ◇原子力(国内)
東北電力:原発の品質保証総点検報告、原子力安全・保安院に期限延期を申し出 /宮城(毎日新聞)

「環境への影響なし」と東電=福島第1原発の放射性物質放出(時事通信)


 ◇石油・天然ガス開発
“カストロ後”に虎視眈々 民主化圧力強める米国、資源開発の動き活発化(FujiSankei Business i.)

パイプライン稼働 カザフから石油 (FujiSankei Business i.)


 ◇中国・エネルギー
春暁ガス田の生産説を否定 二階経産相(朝日新聞)

エネルギー製品 値上げで“浪費”に歯止め 政府が効率改善へ誘導策(FujiSankei Business i.)

|

« 8月8日の「その他」記事 | トップページ | 8月8日の「環境/エネルギー」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/2989387

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日の「エネルギー」関連記事:

« 8月8日の「その他」記事 | トップページ | 8月8日の「環境/エネルギー」関連記事 »