« 7月31日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 7月31日の「環境」関連記事 »

2006年8月 1日 (火)

7月31日の「環境/エネルギー」関連記事

 ◇バイオマス
トウモロコシ急騰 米代替燃料政策でコ~ンな余波が… 食料価格に世界的影響も (FujiSankei Business i.)

雑記帳 菜種油などの燃料で列島縦断目指す(毎日新聞)


 ◇新エネルギー
新日鉄エンジ、石炭を高効率ネルギーに転換する実証設備が9月稼働(日刊工業)

米GEと英BP、水素発電で提携 共同で技術開発(朝日新聞)

県:家庭用太陽光発電事業推進 目標は1000世帯の新設--今年度中 /佐賀(毎日新聞)

家庭用燃料電池:青森市内の一般住宅で使用開始 新日石などが開発 /青森(毎日新聞)

JFEスチール、太陽電池向けシリコン原料の製造技術を確立、プラント建設へ(日経エコロジー)

環境に配慮 浙江で電動ビーチバギー開発(人民網日本語版)

改札通るだけで発電 JR東日本実験(東京新聞)

|

« 7月31日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 7月31日の「環境」関連記事 »

コメント

一時的な価格高騰ではないでしょうか?
日本では、米あまりで減反減反ですが今年も豊作!米国では、砂糖をトウモロコシの茎から砂糖を作り実は穀物として余る一方!つまり先進国では穀物あまりです。エタノールは廃棄する植物から酵素で作れる時代です。
日本は酵素メーカーはないのですが
欧米では新規のビックカンパニーが誕生しています。

投稿: pdcbiop | 2006年8月 5日 (土) 10時45分

pdcbiopさん。コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、大変恐縮です。

農業のことも含め、お詳しい方のご意見というか、見方は非常に参考になります。
うーん、そうですか、先進国で穀物が余っている状況は確かにご指摘の通りかもしれませんね。また、酵素については、私は全くの門外漢ですが、酵素については日本メーカーは出遅れているということなんですね(うーむ、またどこかで見た構図かもしれません)。
また、つっこんでお話をお聞きしたいですね。

投稿: yo_shinoboo | 2006年8月11日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/2883962

この記事へのトラックバック一覧です: 7月31日の「環境/エネルギー」関連記事:

» play roulette online [play roulette online]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 06時59分

» best online casino [best online casino]
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 10時11分

» 先進国の農業・環境事情。 [ボクが大学で学んだ農業のこと、環境のこと]
 農業は今、深刻な環境破壊を引き起こしている。深刻な環境破壊は人間の健康も破壊するから実は大問題である。  ではなぜ農業が深刻な環境破壊を引き起こすのか。まずは先進国の場合である。  先進国では農業は「集約的」に行われる。 「集約的」とは、一つの場所で農業資材、つまり農薬や肥料などを大量投入して大量に生産を行うというやり方である。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 11時56分

» 相場の格言【あ】行 【上がった相場は自らの重みで落ちる】 [相場の格言集]
「山高ければ谷深し」に通じる格言。どんな相場も永遠に上げ続けることはなく、いつか下がる時が来るものです。さらに高く上がった相場ほど落ちるのも早かったりするもの。手仕舞うタイミングには注意しましょう。 転ばぬ先の杖【格言で学ぶ相場の哲学復刻】の内容を見てみる「見切り千両」の意味を知っていますか?格言を知り、格言を実践する。これが“一番”大事。 【目次】第1章 相場と人間心理のゆらぎ/第2章 相場陣中訓(相場とは/出動の心準備/仕掛けの決断 ほか)/第3章 風雪に耐えてきた歴史的...... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 00時11分

« 7月31日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 7月31日の「環境」関連記事 »