« 7月14日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 7月15日の「その他」記事 »

2006年7月15日 (土)

7月14日の「環境」関連記事

 ◇環境全般
「環境、命を学ぶ場に」 万博跡地で記念公園開園式(共同通信)

「沈黙の春」警告 今こそ受け継ぐ 京などで催し計画(京都新聞)


 ◇環境(ごみ・リサイクル)
【中国】荏原と地元企業、大連ごみ焼却施設受注へ 「管理まで」は初(FujiSankei Business i.)


 ◇気候変動・地球温暖化対策
地球温暖化進むと梅雨明けに遅れ…気象研予測(読売新聞)


 ◇京都メカニズム
<三井物産>インドネシアで排出権 メタンガス回収事業(毎日新聞)

関西電力、水力発電CO2排出権購入 12年までに56万トン削減(FujiSankei Business i.)

能率協会、温暖化対策室を設置-CO2削減評価機関の認定取得へ

環境省の排出権取引制度、新たに23社が参加


 ◇企業の環境対策
三菱自、06年度から2010年度までの環境行動計画を策定(日刊工業)

トヨタグループとANAグループ 「エコツアー」でタッグ(FujiSankei Business i.)

「太陽光の電力を自由に使ってください」、建設現場の環境対策

|

« 7月14日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 7月15日の「その他」記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/2658227

この記事へのトラックバック一覧です: 7月14日の「環境」関連記事:

« 7月14日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 7月15日の「その他」記事 »