« 5月2日までの「その他」記事 | トップページ | 5月2日までの「環境/エネルギー」関連記事 »

2006年5月 3日 (水)

5月2日までの「エネルギー」関連記事

 ◇エネルギー全般
OPEC、原油価格沈静に向け地政学要因阻止は不可能=カタール・エネルギー相(ロイター)

ガソリン価格上昇、小売卸や陸運各社など対策奔走 (07:00)(日経新聞)

ガソリン高、2、3年続く 米エネルギー長官(共同通信) (1日13時25分)


 ◇原子力(国内)
澄田知事が会見でプルサーマル計画に言及(山陰中央新報)

反原発団体が松江でプルサーマル講演会(山陰中央新報)

<原発説明会>保安院側主張で中止 「説明責任放棄」の声も(毎日新聞) (1日19時21分)

原発の耐震基準、25年ぶりに強化…55基を再点検へ(読売新聞) (4月30日22時14分)


 ◇原子力(海外)
電話でイラン問題協議 米ロ両大統領(産経新聞)

英仏が初の安保理決議案 イラン核で中ロに提示(共同通信)

イラン核新局面…米英仏と中露、依然隔たり 石油権益絡み対応難航(05/02 08:15)(産経新聞)

イラン核 安保理決議の採択目指す 米欧、濃縮停止へ法的拘束

米国務長官「国連内外からイランに圧力」 (16:01)(日経新聞)

イラン核問題 ウラン濃縮批判 IAEA事務局長、安保理に報告書提出(産経新聞)


 ◇石油・天然ガス開発
ガスプロム社がサハリン1参入 日本ルート困難に  2006/04/29 08:42(北海道新聞)

サハリン2のLNG全量販売にメド・三井物産と三菱商事 (07:00)(日経新聞)

イランとパキスタン、ガスパイプライン建設協議を開始(読売新聞)

イランからのパイプライン建設、6月に調印へ・インド(日経新聞)

日本「アザデガン」窮地 油田投資に制裁 米下院法案可決

  <ボリビアなど南米域での動き>
ボリビア大統領が天然ガスセクター国有化の政令に署名、軍にガス田占拠命令(ロイター)

ボリビア、天然ガス事業を国営化・半年内に外資を管理下に(日経新聞)

ガス資源を「完全国有化」 ボリビアの左翼政権(08:53)(共同通信)

南米域内で利害対立激化 大統領同士で悪口応酬(サンパウロ新聞)

南米縦断ガスパイプライン 伯亜ベ三国大統領会談(サンパウロ新聞)

ガスパイプライン=計画推進を再確認=伯、亜、ベネ3カ国=6年で完成、建設費250億$=「狂気の沙汰」とボリビア(ニッケイ新聞)


 ◇中国・エネルギー
中国海洋石油、ナイジェリアでの採掘に向け資金調達(人民網日本語版)

中国 イランと石油開発か 11兆円規模「近く調印」(産経新聞)

中国、11兆円超分の石油・天然ガス開発契約へ

向こう15年間の3段階新エネルギー計画 バイオマスエネルギーの比率15%を目指す(チャイナネット)

|

« 5月2日までの「その他」記事 | トップページ | 5月2日までの「環境/エネルギー」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/1655503

この記事へのトラックバック一覧です: 5月2日までの「エネルギー」関連記事:

» 裏バイトな丸秘アルバイト求人情報を発見せよ! [裏バイトなアルバイト求人情報]
え、こんなバイトがあったの? 今だけ限定丸秘裏バイト公開中。あなたは、裏バイトを発見できるか?(サイトのどこにあるのか探してみてね☆) [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 08時39分

« 5月2日までの「その他」記事 | トップページ | 5月2日までの「環境/エネルギー」関連記事 »