« 5月30日の「環境」関連記事 | トップページ | 5月31日の「エネルギー」関連記事 »

2006年5月31日 (水)

5月31日の「その他」の記事

 ◇中国・全般
【社説】上海協力機構のサミット、中国のしたたかさ(中国情報局)

胡錦濤主席:上海協力機構サミットは特殊な意義がある(チャイナネット)

ブッシュ政権の「対中ヘッジ戦略」 ワシントン・タイムズ紙 ビル・ガーツ記者に聞く(世界日報)

中国科学技術協会第7回全国代表大会、閉幕(人民網日本語版)


 ◇ロシア
ロシア、ルーブルの完全な交換性に向け7月規制緩和へ(ロイター)


 ◇BRICS
インド石油最大手 トップが退任へ(FujiSankei Business i.)


 ◇ネクストイレブン
( バングラデシュ、エジプト、インドネシア、イラン、韓国、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、トルコ、ベトナム)
パキスタン最大の都市カラチで、停電に対する抗議デモ(世界日報)


 ◇業界動向
松下、日立が液晶3倍増産へ 800億円投資(FujiSankei Business i.)

【フィリピン】日系ゴム会社、原料調達へ8月植林開始(NNA)

米GMがロシアに新工場、2億ドル投資─経済発展貿易相=インタファクス(ロイター)

第一汽車、ウクライナで小型商用車を共同生産(人民網日本語版)


 ◇国の動き・行政改革
「骨太」7月にずれ込みへ=歳出削減案、手間取る-政府・与党(時事通信)

|

« 5月30日の「環境」関連記事 | トップページ | 5月31日の「エネルギー」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/2018588

この記事へのトラックバック一覧です: 5月31日の「その他」の記事:

» 新興国株式市場暴落。どこが安全でどこが危ないか? [為替王]
先月はインドなど新興国(昔で言うところの後進国、発展途上国)の株式市場が急落しました。 日本国内では新興国の代表格であるBRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)などを主な投資対象とする投資信託が人気を集めていただけに、不安になった投資家も多かったと....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 10時05分

« 5月30日の「環境」関連記事 | トップページ | 5月31日の「エネルギー」関連記事 »