« 5月17・18日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 5月17・18日の「環境」関連記事 »

2006年5月19日 (金)

5月17・18日の「環境/エネルギー」関連記事

 ◇バイオマス
三重県内最大木質バイオマス発電 協同組合が設立 松 阪(読売新聞)

【フィリピン】比でバイオ燃料、東洋エンジが参入へ(NNA)
 
新日鉄と北九州市:食品廃棄物からエタノール精製 車の燃料に供給実証へ /福岡(毎日新聞) (16日16時3分

菜の花サミット:「環境問題に、もっと関心を」 500人参加、高松で開幕 /香川(毎日新聞) (14日18時1分)

富士通、耐衝撃性の植物性プラスチックを開発(日経エコロジー)


 ◇新エネルギー
オジロワシ:無残…道内5例目、風車に衝突死--苫前の風力発電所 /北海道(毎日新聞)

発電効率49%を達成 京セラなど開発の家庭用燃料電池(京都新聞)

東ガスなど4社、低温作動で発電効率56%の発電ユニットを開発(日刊工業)

中国風力発電業界、プロジェクト建設増え赤字も懸念(人民日報)

ホンダ、新型ハイブリッド専用車を2009年に発売 (19:10)


 ◇省エネルギー
<経産省>アジアの省エネ支援 エネルギー問題解決に貢献へ(毎日新聞)

発光ダイオード:新しい「紫外線型」開発 NTT物性研(毎日新聞)

神戸製鋼所と電力3社、業界最高効率のヒートポンプチラーを共同開発(日経エコロジー)

|

« 5月17・18日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 5月17・18日の「環境」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/1850083

この記事へのトラックバック一覧です: 5月17・18日の「環境/エネルギー」関連記事:

« 5月17・18日の「エネルギー」関連記事 | トップページ | 5月17・18日の「環境」関連記事 »