« 4月11日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 「死の商人」と「対話の文化」 »

2006年4月11日 (火)

4月11日の「環境」関連記事

 ◇環境全般
ディーゼル排ガス:子宮内膜症に悪影響 東京理科大など(毎日)

座間味村、環境目的税導入へ 今秋にも、入島で一律100円(琉球新報)

<中国>今年は黄砂の「当たり年」 昨夏以降の降水量減少で(毎日新聞)


 ◇環境汚染事件
水俣病未認定患者、軽症者に月2万円の療養手当支給へ(読売新聞)


 ◇環境(ごみ・リサイクル)
一般ゴミ焼却処理施設の自治体発注、昨年度過去最低に(日刊工業)

神戸市議汚職 「家庭ごみ」でも口利き 贈賄業者など3社、収集事業に新規参入(産経新聞)

技術力評価加え談合防止 焼却施設の発注に手引(共同通信)


 ◇環境(自然)
ウミガメ危機、アカウミガメは25年で1割以下に(読売新聞)

絶滅危惧のアムールトラに復活の兆し=ロシア極東内陸部(時事通信)

海鳥死がい問題 海岸線一斉調査 根室半島から稚内にかけ(毎日新聞)

漂着:油入りドラム缶6本、北海道のオホーツク海沿岸に(毎日新聞)


 ◇企業の環境対策
NEC、CSRの管理システムを取引先まで拡大―社員教育も強化(日刊工業)

<中央労金>環境イベントで融資相談 22~23日に開設(毎日新聞)

|

« 4月11日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 「死の商人」と「対話の文化」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/1373714

この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日の「環境」関連記事:

» 斜里町における油汚染鳥の漂着5 [医療と生物をやさしく読み解く入門]
斜里町における油汚染鳥の漂着〜私たちは、何を問いかけられているのか?5という題名で、新たに記事をアップしましたので、興味のある方は、是非、お読み下さい。 [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 19時04分

» 子供用学習教材 [ダイエットと美容と健康ショッピング]
子供の無限の可能性を、子供用学習教材で試して下さい。ディズニーの英語システム、幼児専門ショップもあるよ。気に入った教材が見つかるよ。 [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 19時35分

« 4月11日の「環境/エネルギー」関連記事 | トップページ | 「死の商人」と「対話の文化」 »