« 3月8日までの「環境/エネルギー」記事 | トップページ | 3月9日の「その他」(主に海外)記事 »

2006年3月 9日 (木)

3月8日までの「環境」記事

 ◇環境全般
“お色直し”は環境配慮 東京タワーもガスタンクも(東京新聞)

県「環境機構」発足へ 県内4大学など、課題解決へ調査研究

「グリーン購入」進まぬ町村15%、市・区は半分

町村の取り組み遅れる グリーン購入の調達方針


 ◇環境汚染事件
フェロシルト問題:環境基準超える有害物質、埋設現場から検出−−恵那 /岐阜

国独自の審査会設置を 水俣問題で自民党小委


 ◇環境(ごみ・リサイクル)
使用済みペットボトル再処理入札、来年度マイナスに―採算不安も(日刊工業)

民間委託やめ直営に 鳴門市の不燃ごみ分別、新年度から

ごみ収集の民間委託、全域拡大へ

補助金返還の可能性 いちき串木野市長が見解 ごみ発電一部未稼働   小規模施設にも地元同意−廃棄物処理で義務化【五條市】


 ◇環境(自然)
油まみれ海鳥1900羽に 知床半島、ウミガラスも

知床半島などに漂着、油まみれ海鳥の死骸1888羽

 ◇気候変動・地球温暖化対策
エコドライブ:名古屋市がモニター結果 燃費25%向上、CO2は20%削減 /愛知

|

« 3月8日までの「環境/エネルギー」記事 | トップページ | 3月9日の「その他」(主に海外)記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/967895

この記事へのトラックバック一覧です: 3月8日までの「環境」記事:

« 3月8日までの「環境/エネルギー」記事 | トップページ | 3月9日の「その他」(主に海外)記事 »