« 3月10日の「環境」関連記事 | トップページ | 3月10日の「エネルギー」関連記事 »

2006年3月11日 (土)

3月10日の「環境/エネルギー」関連の記事


★yoshino_bueから一言★
 「バイオマス」のところに、「汚泥談合」関連の記事と「砂糖」関連の記事があることに違和感を覚える方がいるかも知れません。汚泥は、し尿処理施設は単なる処理でなくバイオマスのエネルギー源となるものです、今回の談合事件が、単純処理からエネルギー利用へとシフトさせる、「浄化」作用を持つことを期待します。
 砂糖についてですが、バイオマス燃料の一つとして輸入される見通しになっているバイオエタノールの原料として有力なサトウキビの需給、価格に影響が大きいということでの関心です。


 ◇バイオマス
公取委、11社を集中調査 汚泥談合
 
メーカー10社を事情聴取 汚水処理施設談合で公取委

砂糖:価格高騰で40万トン放出へ「各地で品切れ」(中国情報局)

飲料・食品が値上げへ、砂糖価格上昇で[食品]

菜の花サミット:循環型社会を考えて PRの無給油車、県庁に到着 /高知


 ◇新エネルギー
クリーンエネルギー市場、2015年には1672億ドル規模に

 
 ◇省エネルギー
マックが電化厨房とコージェネを試験導入 2006/03/10

|

« 3月10日の「環境」関連記事 | トップページ | 3月10日の「エネルギー」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/990904

この記事へのトラックバック一覧です: 3月10日の「環境/エネルギー」関連の記事:

« 3月10日の「環境」関連記事 | トップページ | 3月10日の「エネルギー」関連記事 »