« 3月15〜16日の「その他」記事 | トップページ | 3月15〜16日の「環境/エネルギー」関連記事 »

2006年3月17日 (金)

3月15〜16日の「エネルギー」関連記事

 ◇エネルギー全般
エネルギー安定供給を協議 モスクワでG8閣僚会合

渡 石油連盟会長定例記者会見説明要旨(2006年3月15日)
 道路特定財源の目的等について説明し、道路に使わないなら、ガソリン税を1リットル25円(暫定税率分)引き下げるべきと主張した。3月20日から、「ガソリン税等道路特定財源の一般財源化反対」運動を実施すると述べた。

<G8>エネルギー相会議、15日からモスクワで開催


 ◇エネ関連業界
坂出LNG株式会社からLNG基地をフルターンキーで受注(川崎重工ニュースリリース)

中国新聞地域ニュース 広ガス、自社責任で天然ガス搬送 '06/3/15


 ◇原子力(国内)
伊方のプルサーマルは妥当 原子力安全委が答申

美浜原発事故:リハビリの日々、今後も 負傷の愛甲さん退院 /福井

青森・六ケ所村の核燃再処理工場:アクティブ試験 21団体、中止求め要望書 /岐阜

志賀原発:大型原発、淡々と始動 2号機、合格証を交付 /石川

島根原子力発電所2号機でのプルサーマル計画に関する説明会の開催について(中国電力ニュースリリース)

志賀原発2号機が稼働 国内55基目の商業炉


 ◇原子力(海外)
国連安保理常任理事国、イラン核問題めぐる声明案で合意に達せず

露がウラン供与 核燃料輸出解禁 印の原子力利用前進

中国とロシア、イラン核問題の外交手段による解決呼びかけ

イラン核問題:投資外国企業への制裁法案を可決 米下院委

露、インド原発にウランを限定供与へ

ロシア外相、ウラン交渉めぐるイランの行動に失望=ロシア通信 3/14 13:33

イラン、原油を武器にしてに消費者を圧迫することはない=国営石油幹部

核問題で露との交渉再開、イランが国内濃縮に固執 (23:51)


 ◇石油・天然ガス開発
資源・エネルギー、中南米と4月から戦略協議開始

本格生産なら対抗措置 外相、中国ガス田開発で

埋蔵量100億バレルの新油田 メキシコ湾で発見

【株式銘柄】東洋エンジニアリングが急騰、インド石油ガス公社のプラント建設を受注


 ◇中国・エネルギー
南方電網:「06年上半期の電力不足が深刻に」

中国石油天然気:米石油会社と渤海湾油田を開発

河南省で新たに5つの炭田を発見

【中国】米上院委員長「エネルギー分野で中国と協力せよ」

|

« 3月15〜16日の「その他」記事 | トップページ | 3月15〜16日の「環境/エネルギー」関連記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/1064051

この記事へのトラックバック一覧です: 3月15〜16日の「エネルギー」関連記事:

» イラン・レビュー:ハーバード大学にて神権政治打倒集会 [グローバル・アメリカン政論]
イラン・フリーダム・コンサートという団体の企画委員会から以下のようなメールを受信 [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 15時36分

» 新興国の通貨動向 [為替王]
今月は、新興国の為替市場で荒っぽい展開が見られました。読者の方からのご質問も頂戴しておりますので、お答えしたいと思います。 ******************** 為替王様  いつも、大変勉強させて頂いております。 最近のUSDの堅調な動きで、収支が若干改善してきておりま...... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 16時13分

« 3月15〜16日の「その他」記事 | トップページ | 3月15〜16日の「環境/エネルギー」関連記事 »