« 「不法投棄:県導入の「エコ手形制度」、加古川で初適用 /兵庫」など | トップページ | 気候変動関連ニュース「京都議定書発効1周年イベント」 »

2006年2月19日 (日)

「小笠原の森林保護域拡大へ 世界遺産目指し林野庁」など

小笠原の森林保護域拡大へ 世界遺産目指し林野庁(07:56)

★yo_shinobooから一言★
 小笠原は行ったことはないが、とても気になるところ。世界遺産への登録というのはとてもよいと思う。すでに1月に「小笠原諸島を世界自然遺産に推薦へ 環境省」という記事が出ていた。両省庁の関係がイマイチよくわからんが、どっちでもよいから、サクっと進めて欲しい。
 それはともかく、小笠原といえばどうしても、空港やテクノスーパーライナー(TSL)などの交通アクセスが思い出される。昨年秋、燃料高が原因で、長らく開発してきたTSL導入が断念されたところで、空港計画が再浮上する可能性が出たのだが、その後どうなってるのだろうか。
 空港・TSLの経緯は、小笠原新聞社このページがわかりやすい。
 
 

知床など16地区で募集 環境省の自然保護官補佐

|

« 「不法投棄:県導入の「エコ手形制度」、加古川で初適用 /兵庫」など | トップページ | 気候変動関連ニュース「京都議定書発効1周年イベント」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/764003

この記事へのトラックバック一覧です: 「小笠原の森林保護域拡大へ 世界遺産目指し林野庁」など:

« 「不法投棄:県導入の「エコ手形制度」、加古川で初適用 /兵庫」など | トップページ | 気候変動関連ニュース「京都議定書発効1周年イベント」 »