« 「九電玄海原発プルサーマル、佐賀県受け入れへ」など | トップページ | 「【中国】発改委:再生可能エネルギー発電推進で関連法規を発表」など »

2006年2月11日 (土)

「米予算案、アラスカ油田鉱区リース収入見通しを3倍に増額」など

米予算案、アラスカ油田鉱区リース収入見通しを3倍に増額
写真

エクアドル国営石油会社が輸出停止、抗議行動で
写真

エクソンモービルの仏製油所で火災、留出油生産部門を閉鎖
l
ブラジル エタノール価格が高騰 金融政策に影響か

原油高で軒並み最高益 05年、石油メジャー3社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060207-00000240-kyodo-bus_all

メジャー4社の当期利益11兆円 原油高で空前の規模(続き、に引用)
http://www.asahi.com/business/update/0208/085.html

2006年02月08日09時54分

 国際石油資本(メジャー)上位4社の05年決算が7日出そろった。当期利益は合わせて978億8100万ドル(約11兆5500億円)と、原油高で空前の規模に膨らんだ。米英ではガソリン高などに市民の不満が強く、議会や政府が課税強化を模索する動きもあり、メジャー各社は「もうけすぎ」との批判をかわすのに躍起だ。

 米エクソンモービルの当期利益は前年比42.6%増の361億ドル、英・オランダが拠点のロイヤル・ダッチ・シェルは36.5%増の253億ドル、英BPは30.8%増の223億ドル、米シェブロンは5.8%増の140億ドルで、いずれも過去最高だ。

 国際指標であるニューヨーク市場の原油価格は05年、年初の1バレル=40ドル強から一時は70ドル台に上昇。06年に入っても60ドル台の高値水準が続く。

 これに対し、米議会では昨秋以来、上院を中心に石油会社への課税強化を求める動きが出ている。ブッシュ政権の反対などで実現していないが、業界側は「医薬、金融など他業界に比べ、利益率は必ずしも高くない」(エクソン)などと防戦に力を入れている。

 英国政府は、北海油田での事業収益にからむ上乗せ課税(10%分)を06年度から2倍にする方針を昨年末に表明。「年金生活者らエネルギー価格高騰が大きく響く世帯向けに使う」といい、年20億ポンド(約4200億円)規模の税収増を見込む。

 メジャー側には不満が強く、BP首脳は7日、英メディアに対し「我々は暴利をむさぼっているのではない。利益の多くを(配当などで)受け取る株主は、基本的に英国の年金基金などだ」と語った。
http://www.asahi.com/business/update/0208/085.htmlより引用

|

« 「九電玄海原発プルサーマル、佐賀県受け入れへ」など | トップページ | 「【中国】発改委:再生可能エネルギー発電推進で関連法規を発表」など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47667/678657

この記事へのトラックバック一覧です: 「米予算案、アラスカ油田鉱区リース収入見通しを3倍に増額」など:

« 「九電玄海原発プルサーマル、佐賀県受け入れへ」など | トップページ | 「【中国】発改委:再生可能エネルギー発電推進で関連法規を発表」など »